飲食店経営に欠かせない「原価率」とは?

避けては通れない、「原価率」のコントロール

原価率とはどういったもの?

飲食店にだけでなく、ほとんどの事業やお店で「原価」というのは掛かってきます。 いわば経営する上で、良く知って必ず押さえておかなくてはいけない、必須のモノです。 飲食店経営における「原価」とはどういったものがあるのかを、このページで説明していきます。

飲食店における適切な原価率とは

商売をする上で、「原価率」という数値がとても大切なのはわかって頂けたと思います。 では飲食店を経営する上で、適切な原価率の基準みたいなものはあるのでしょうか。 このページでは、いろいろな例を出しつつ、飲食店における「適切な原価率」ということにふれてみます。

原価率を下げるにはどんな方法がある?

「原価率」を下げることは、お店の儲けに直結します。 経営する以上、より多くの儲けを出したいのが心情であり本音ですね。 飲食店における最大の「経営努力」の場とも言えます。 では、どうすれば「原価率」を下げられるのでしょう? 少し解説していければと思います。

飲食店における原価とは

「原価率」とはなんでしょう?
実際に経営をされている方はもちろん、経営に携わっていない方も一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

原価率をとても簡単に説明すると、「売上に対する原価の比率」というのが、一番しっくりきます。
そのお店や会社の売上に対して、原価がどれくらいかかったという数値というわけです。
会社やお店の「利益」を上げるには、この「原価率」のコントロールは一番の必須条件と言えます。
逆にこの数値を意識していないようでは、決して経営はうまくいかないと思います。

お店や会社の最終的な目的は「利益」を上げることです。
原価率が高すぎて、売上はいいのに儲けが全くない・・・なんて状況に陥らないようにしなければなりません。
冗談みたいな話ですが、凄く売れているのに、内情は儲けがほとんどないなんてことは、実はよくある話なのです。
いい商品を世に出すには、それなりのコストがかかるというのは当然のことなのですが、そのコストをいかに押さえるかが、商売における手腕と言えるでしょう。

飲食店であれば、お店の月の売上に対してその月に掛かった材料費の比率です。
当然、材料を高く仕入れれば比率は上がりますし、安く仕入れれば比率は下がります。
単純に考えれば、安く材料を仕入れた方が儲かるとなりますが、実際はそんな単純なことではないというのが、飲食店経営の難しいところであり、また面白いところでもあります。
様々な視点から「原価率」という数値を分析しなければなりません。